京都府

ART MON ZEN KYOTO (アール モンゼン キョウト) @祇園

 

京都で ホテルステイ

 

今回の京都の旅の、目的の1つは気になっていたホテルに宿泊すること。 宿泊した友人から、良かったと聞いてもいました。

 

祇園にあるホテルで、ART MON  ZEN KYOTO(アール モンゼンキョウト)という、比較的新しいスモール ラグジュアリーホテルです。

 

特徴
  • 美術商の中西松豊軒がプロデュース。
  • お部屋の作りに、小さなホテルらしいオリジナリティがある。

 

 

今回はコーナープレミア2というコーナールーム(53平米)に宿泊しました。

 

 

スタイリッシュ、という言葉がぴったり。

 

エクレール
エクレール
お洒落なショールームにステイしているよう♪

 

 

夜チェックインしましたが、特に素敵と感じたのは光が窓いっぱいに差し込む朝になってから。 どの部屋も天井が3メートルという贅沢な作り。 

そしてこのお部屋は壁2面が足元から天井までフルガラス。  光が燦燦と入ってきます。

そしてUSBで接続できるBOSEのスピーカーが2台天井に設置されています。

 

スピーカーが2台あるのは初めて。 贅沢!

 

お気に入りの音楽を、良い音で聞きながら、お洒落なSPAのようなバスルームでメイクアップする、 こんな朝のひとときが、私にとっては何事にも代えがたいほど贅沢な非日常でした。

 

 

朝の支度をしながら、もうずっとここに居たい・・・くらいの気持ちになりましたが、 準備が整い次第、京都の紅葉を見るため散策に出掛けました。

 

 

コーナープレミア2 (53平米)

 

客室とバスルーム ルームの様子を、もう少し詳しくご紹介します。

 

部屋には美術品が飾られています。

 

上の写真は夜だったためカーテンが閉まっていますが、この2面のカーテンを開けると、とても明るい空間になります。 陽は差し込みますが、祇園の街中の3階建てのため、眺望はナシに等しいです。

 

エクレール
エクレール
ガラス張りのバスルームは、まるでSPAのように洗練されています。

ジャグジーは2名サイズで、ゆったり。 正面がガラス張りで開放感のある空間となっています。

 

ダブルシンク

 

 

バスルームを出てお部屋に戻ります。

ネスプレッソやロンネフェルト

 

伝統的な数寄屋建築の技法である「なぐり」の仕上げを施した床。 靴、スリッパが不要です。

 

とても快適で、非日常感をたっぷりと味わうことができ、気分が上がるお部屋でした。

 

このようなお部屋には、今まであまり宿泊したことはありませんが、思い巡らすとazabu ten(アザブテン)(東京、麻布十番)が、似ているかもしれません。 どちらもコンセプトルームということでしょうか。

 

アール モンゼン キョウトの 朝食

 

朝食はアメリカンブレックファースト。 5種類ほどのメニューから選択をします。 プラス、ビュッフェ。

ビュッフェの種類はそう多くはなく、お料理が上品に並んでいました。 パンはテーブルに運ばれてきましたが、バゲットがとても美味しかった。

 

フレンチトースト

同じバゲットなのか、もちもちした食感で美味しい!  小食な私も完食。

 

エッグベネディクト

朝食に関しては、美味しかったですが特別な驚きはありませんでしたので、やはりこのホテルは朝食だけの利用より、宿泊することをお勧めします。

 

次回京都に来たときも、また泊まりたいと思うホテルでした。  光がたくさん入り込む開放的な作りの今回のお部屋(コーナープレミア2)に再度泊まりたいと思いますし、また別のお部屋にも泊まってみたいとも思います。  お気に入りのホテルの1つになりました。

 

アクセス
  • 阪急京都線「河原町」徒歩約10分
  • 京阪本線「三条駅」2番出口から徒歩約3分

 

詳しくはこちらから

一休.com → *ART MON ZEN KYOTO

 

 

 

関連記事